フォト

読んでいるブログ

カテゴリー

« エリッククラプトン来日 | トップページ | Huey lewis & The NEWS 大阪公演 »

2013年10月 7日 (月)

Steinberger ZT-3

月に1回会うか会わないかそんなギターです。

プロフィール写真には載ってません。

Dsc_0490

平成24年の3月くらいに購入しました。

まだ、当時はmusicmanのtransgoldしか持ってなくて、半音下げチューニングの曲はあまり練習できませんでした。そんなとき見つけたのがこのSTEINBERGERです。

VAN HALENとアランホールズワースが使ったことで有名なSTEINBERGERですが、今はギブソンの傘下です。ピックアップはギブソンUSAが作ってるそうです。(そう考えるとギブソンを持ってることになりますが、だれもこれを見てギブソンとは思わないでしょう。)

このギターはヘッドレスなので弦がダブルボール弦が必要です。普通の弦も使えます。今はふつうの弦を使ってます。

僕のギターとしては珍しく24フレット。たまに24フレット触るとハイポジションの感覚が違和感があります。

Dsc_0487

シールドは裏に入れることになります。横に見えてるのはキートランスポーズをしたときの調整レバー?。

他の方も書かれてましたが、斬新なブリッジの割に説明書がおおざっぱでキートランスポーズは使えこなせてません。(ダブルボール弦の使用が前提です。)また、シールドをいれるプラグのところが中で壊れたり、よく聞くギブソン仕様。

ヘッドがないせいか、軽いのはとてもいいです。持ち運びは便利。

昨日、今日が、月に1回のチャンスだったので連投しました。


« エリッククラプトン来日 | トップページ | Huey lewis & The NEWS 大阪公演 »

購入したもの」カテゴリの記事

コメント

スタインバーガーにこんなモデルがあったんですね。しかも青のトラ目。
初めて見ました。このでかいブリッジはトレモロ付きですか?

ウッソさんは青がお好きですよね。私もそうなのですが、青いギターが多いですよね。
あっ、そういやブログのタイトルも「青いコンバーチブル」でしたね(笑)。

すすすスミマセンm(_ _)m 上の投稿、私です。名前入れ忘れました(^_^;)

Joeさん、いつもコメントありがとうございます。
スタインバーガーらしくないモデルですよね。
でかいブリッジはトレモロ付きですが、キートランスポーズにも使うのでちょっと使いにくいです。I'm the oneを練習すると、アームをとろうとした手が空をきってしまいます。

Joeさんの言われるとおり青が好きです。車も携帯も青です。
未公開のN2も青っぽいです。

いやー国を超えてこのようにお話しできるのはネットってすごいですね。

はじめまして!
すごいHPですね!ワクワクします

機材の知識はほとんどないので分からないことだらけですが、こういう目利きっぽいレビューや紹介をいつか私もやってみたいです!w

Maggyoさん、コメントありがとうございます。

ワクワクしていただいてうれしいです。
僕も新しいギター買うたびにワクワクしてます。
最近はいっちょ前に試奏なんかしてますが、メジャーなフレーズをいかに弾かないか考えています。

僕は何故か、ギター周りの関連機器に興味がなくて、(いや、マルチエフェクターたくさんもっとるやん)参考になるかどうかわかりませんが、今後ともよろしくお願いします。

訪ねてみたら「なんじゃこりゃー」で、コメントできそうにないので、こちらに…(笑)

Steinberger は次世代のギターですよね。
モト冬樹さんが使ってる、四角いギターしか知りませんでした。
こんな形のもあるんですね。
ヘッドレスギターも珍しいですが、ブリッジにも仕掛けがあるみたいで、多機能なんですね?
今までの概念を取り払う、面白そうなギターですね。

rimixさん、いつもコメントありがとうございます。

Steinbergerはモト冬樹さんも使ってましたね。
昔のイメージだとピックアップはEMGなんですが、このギターはパッシブです。
EMGは電池交換があるという理由で持ってませんが、、、、、
最近、ザックワイルドがマイブームなので、いやでも今年はもう我慢します。
http://www.lostboys-co.com/product/1077
あの四角いギター高いんですよ、なぜか。30万オーバーです。(今は廉価版もありますが)。このギターのほうが価格は安いです。

ブリッジはトランストレムといいまして、アーム操作でチューニングを5段階に変化させられます。半音下げ、一音下げ、半音上げ、一音上げチューニングに一発で変更できるということです。でも調整が面倒くさいのと、ダブルボール弦を準備する必要があって。
結局普通の使い方です。フロイドに比較するとアームが微妙に遠い位置にあります。
つかめないこともしばしば。インターネットで見ているとアームが折れるという情報もありました。
24フレが必要な曲でいずれ使おうと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1908620/53522662

この記事へのトラックバック一覧です: Steinberger ZT-3:

« エリッククラプトン来日 | トップページ | Huey lewis & The NEWS 大阪公演 »