フォト

読んでいるブログ

カテゴリー

« ポチしてしまいました。 | トップページ | facebookの「RED DRAGON CARTEL」 いいね。 »

2013年11月16日 (土)

CHARVEL GUITAR SUPER CLINIC 大阪

Dsc_0508


CHARVEL GUITAR SUPER CLINIC 大阪に行ってきました。

整理番号というふうに全席自由席でした。

今回、CHARVELからアーティストシリーズというギターが発売されるプロモーションということでした。年末にJAKEモデルも日本先行発売されるそうです。

Dsc_0509

ステージにはEVHアンプが2台にギターが並べてるだけです。

司会の人は輸入代理店の神田商会の営業の方が行われてました。

で、ウオーレンとジェイクの登場です。

イントロから最後まできっちりという演奏ではなく、メインリフ弾いてギターソロという形で数曲弾いてくれました。

まずは2人でジャムセッションでスタート。RED HOUSE

落ち着いてそれぞれ、BARK AT THE MOONとROUND AND ROUNDのメインリフを弾いてくれました。BARK AT THE MOONはソロのフェイザーがかなり深めにかかってました。

そのあと、昔話になって二人でルームシェアしてた頃の話でした。ほんとは5,6人でルームシェアしてたらしいです。この二人だけ無職でギターをずっと弾いていたと。で当時の再現として2人で勝手に別々の曲を弾きはじめました。

質問コーナーというより会場にリクエストを聞いてそれをやるという感じでした。

まずはジェイクフェイクのリクエスト。

そのあと、ジェイクに2回転回るステージアクションをしてほしいというリクエストがありました。これにはジェイクがもう56だから腰が痛いので勘弁してくれということでした。この動画の2分3秒くらいからのアクションです。

この後、お互いの曲で好きな曲をそれぞれ弾いて欲しいとリクエスト。

ジェイクはLAY IT DOWNとIN YOUR DIRECTIONのリフを。

ウオーレンはWAITING FOR DARKNESSのリフを弾いて、それぞれがソロを弾くという。

ここが一番かっこよかったです。

最後にもう一度ジャムセッションでした。ジェイクがウイスキーボトルでスライドしてたのが印象的でした。

世界でもこの2人が同時に演奏するのは初の試みらしく、約70分でしたが、感動でした。

ジェイクは大阪生まれというくらい、ジェイク人気でウオーレンがちょっと寂しそうでした。

音はウオーレン側に座ってたので、ウオーレンの音が滅茶苦茶よかったです。CDまんまでした。

僕は知らなかったのですが、ウオーレンのピッキング、普通でした。ジョージリンチをまねしたというパーを広げて弾くスタイルではなく、普通に握りこむスタイルでした。ダンシングアンダーカバーくらいからのスタイルだそうです。(DE MARTINOさんありがとうございます。)

最後にお土産まで、シャーベルのストラップとステッカー、さらに東京から移動中にサインしたというポートレートまで。

Dsc_0510

二人とも次回はバンドで来て欲しいです。

ジェイクは新譜がアマゾンにリストされてます。

PS;グルグル落札しました。

« ポチしてしまいました。 | トップページ | facebookの「RED DRAGON CARTEL」 いいね。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ウォーレンさんて、よく知らないのですが、ウッソさんご購入の「ロンドン」ギターはこの人のモデルなんですね。写真の蛇革ギターも見たことあります。
ジェイクさんは、歳とったらよけいに日本人ぽっくなりましたねえ(笑)。
しかし2人がルームシェアしていたとは驚きです。

グルグル落札おめでとうございます(^_^)b

JOEさん、いつもコメントありがとうございます。
ジェイクは関西出身って観客から言われてました。
グルグル隣の区のかただったので直接持ってきていただきました。
初レスポール、初EMGは感動でした。ビンテージと真逆のピックアップの搭載されたレスポールでした。レスポールネックめっちゃ太いです。MUSICMANより太いです。でも弾きやすくてびっくりしました。音もハイゲインサウンドにぴったりな感じです。
レスポールがこんなによいとは。

お久しぶりでした~

何か凄い人達のクリニックに行ってこられたんですね!
80年代全盛ののスーパーギタリスト・・・。
自分は当時ジェイクは結構好きだったんですがウォーレンは最近聴きました^^;
思ったよりはるかに良いギターを弾く方だったんですねw
どうもLA系は苦手でパスしてました・・・。
しかしマジで羨ましいです・・・。
かなりチケット高かったみたいですねw
さすがヤフオク・・・。
ってグルグルってギブソンレスポールですか?
またジェイクはだんだんケリー御大に似てきた(笑)

ダンカンさん、コメントありがとうございます。

2人とも全盛期のスーパーギタリストですね。今年は、ニールショーン、エディも見れたのですごい年になりました。僕はNWOBHRが苦手でパスしてました。
チケットは大阪は4倍から6倍くらいでした。まあ高いですが、東京公演に比べれば。
ジェイクは言われるとケリーサイモンさんに似てますね。プレイスタイルは違いますが、
ジェイクの右手は結構オーバーアクションでした。
通称、グルグル(笑)はギブソンUSAです。昨日夜、ひきたおしてましたが、多分レスポールとは別のギターです。PRSが一生懸命弾かないと鳴ってくれないし、細かいピッキングニュアンスが出るのに対して、グルグルはEMGのため、簡単に鳴ってくれる気がします。3倍上手くなった錯覚を感じられます。
僕のコレクションはダンカンさんのブログにかなーーり影響受けてます。
今後もよろしくお願いします。

あら チケット買えなかったのかと思ったら 行ったのですか

いやーいいーなー

ジェイクのIN YOUR DIRECTIONは自身が作っているからわかりますが 
LAY IT DOWNは意外ですね 

ジェイクのアクション観たい気持ちわかります

ウォーレンの指を伸ばすピッキングは初期の頃だけでしたね

ウォーレンの生音聴いてみたい!

ドキドキ感さん、いつもコメントありがとうございます。
チケット正規では購入出来なかったので諦めてました。
でもヤフオクで発見して購入しました。
in yourはジェイク作なのですね。このあたり入り組んでいて覚えられません。
アメブロのde martinoさんのコメントにいつも僕が書いていることですが、rattはstephenのボーカルが。。。(笑)オジーはライブでも結構CD並みに歌ってくれるのに。
ジェイクの新作が楽しみです。
ウオーレンの生音はバランスがよかったです。ニールショーンは空間系強すぎ、エディはもちろんよかったのですが、かなりトレブリーでした。箱の影響PAの好み、席の位置などで条件は違うと思いますが。

あら、こちらも、オジーオズボーンさん(*^。^*)
動画かっこいい曲ですねぇー(って、知らなかったんかい!ですが)
憧れのギタリストを間近で見られて最高でしたね
で、グルグルってあの、ギターですかぁー!(@_@;)
ブログでの紹介が楽しみです♪

こちらにも初コメさせていただきます♪

クリニック、素晴らしい内容だったんですね・・・やはり僕も行けば良かった。

そうそう、ウォーレンってサードアルバムからノーマルなピッキングスタイルに変わってましたね、この頃からエディやジョージの影響から脱皮しようとしてたんだなと。

ジェイクは来年の活動が楽しみなって来ましたね!

まずは来月号の『ヤングギター』や『B!』を要チェックかな(笑)

こちらのブログでも今後とも宜しくお願いします♪

MIKIさん、いつもコメントありがとうございます。
この動画の曲、邦題は「暗闇にドッキリ」。なぜ?書いてて笑ってしまいます。
オジーはおどろおどろしいイメージの曲が多いですが、歌詞が案外まともです。
「I don't know」とか、「世界の終末の日はいったいいつなんだ、おれに聞かないでくれ。おれは知らない」みたいな意味だったりします。
 通称グルグルは是非、ザックの曲でデビューさせたいので現在密かに練習中です。来年までお待ちください。(笑)

ノブさん、わざわざ、こちらのブログにコメントありがとうございます。
確かに僕のアメブロのブログはコメントしずらいですもんね。
なるほど、3枚目から、ピッキング変えたのはそういう意味だったんですね。
今、ROUND AND ROUND 練習してますが、ペンタトニックに変なテンションノート入れすぎで、十分音楽的に独特だと思います。それに比べてザックワイルドのシンプルなことといえば。
今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1908620/53951115

この記事へのトラックバック一覧です: CHARVEL GUITAR SUPER CLINIC 大阪:

« ポチしてしまいました。 | トップページ | facebookの「RED DRAGON CARTEL」 いいね。 »