フォト

読んでいるブログ

カテゴリー

« 「she's the woman」 van halen cover | トップページ | 物欲 妄想 »

2014年6月13日 (金)

EXTREME 6月9日渋谷公会堂&6月12日なんばハッチ

いよいよ、ワールドカップ始まりましたね。

全64試合、NHKBSで放送予定です。全試合録画します。。。

プロフェッショナルという番組で本田圭佑さんの特集してました。この人は偉いです。しかも出身は関西の伊丹。全力で応援します。タイトルの下の説明も本田さんの名言を拝借しました。

エクストリームの渋谷公会堂となんばハッチ2回見てきました。

まずはエクストリームを知らない方のために、一番ヒットしたであろうこの曲。

ギターはヌーノベッテンコート。こう見えてテクニカルプレイヤーです。

ヴォーカルはゲイリーシェローン。VAN HALENの3人目のヴォーカリストでもあります。

あまり、語られることはないですね。VAN HALENのちょっとした黒歴史部分かも。。。

この曲だけだとゆずとかコブクロのアメリカ版に見えなくもないです。が、本格HRバンドです。

ね、きっちりヘアメタルしてますよね(笑)

ハードロックが8ビートが多いのに対して、このバンドは16ビートが多いです。なのでファンクメタルと言われることもあります。

渋谷と大阪ではセットリストが違いました。

Dsc_0614


まずは渋谷。ほかのバンドに比べて、客層若いです。20代バンドやってます系もちらほら。もう一つ、ヌーノさんのファンと思われる女性二人組、も多かったです。

Dsc_0616

チケット当日確認したら、なんと4列目でした。でもベースよりだったので音は微妙。。。

迫力の大音量で心臓の中の血液まで揺れてる感じでした。


Dsc_0617

ヌーノさんは、現役。見た目も老けてませんでした。プレイもきれきれ。ヌーノさんのピッキング生で見れたのは大きかったです。まず、手がでかい。。。右手も左手も。右手は基本通り手首を使ってますが、細かいフレーズでは指先の屈伸も使ってました。弦移動の切り替えしのみかもしれませんが。あと、ピックアップの切り替えはバッキングとソロとオブリでまめに変えてました。

Dsc_0618

に比べてヴォーカルのゲイリーさんは、クワイエットライオットのヴォーカルみたいな髪形になってました。しばらく視線が釘付けになってしまいました。途中からバンダナ巻いてくれてから、気にならなくなりましたけど。

Dsc_0622


続きまして、大阪公演。なんばハッチはオールスタンディング。整理番号は200前半でした。中央4から5列目で見ました。

オールスタンディングは40代にはきついです。

曲が始まると、後ろからも押し寄せてきて、しかも縦ノリ。みんなジャンプするんです。

もみくちゃになりつつ、何曲か聞いてるうちに周りに少しスペースができてきました。でもそのころには汗でべとべと。。。

Dsc_0624


モアザンワーズはもちろん、演奏してました。WASHBURNのヌーノモデルのエレアコらしいです。新品で4万円弱。昨日帰ってきて勢いで買ってしまいそうでした。(思いとどまりました。)

次回は7月7日のジェイクEリー。これもオールスタンディングだったような。

実は11月にMR.BIGの来日が発表されて、これもチケット買いました。

ヌーノさん、上手いです。再確認しました。

« 「she's the woman」 van halen cover | トップページ | 物欲 妄想 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ウッソ様
こんばんは。

親切に知らない人向けの動画まで用意してくださりありがとう御座います。
エクストリームについて勉強させてもらいました。
でも40代にしてオールスタンディングがきついなんて体力なさすぎです。
もっと鍛えましょう。人のこと言えませんが。

愛新覚羅

aishinさん、いつもコメントありがとうございます。

オールスタンディングそのものは渋谷もずっと立ちっぱなしなんで大丈夫だったんですが。。。大阪は席が決まってなくって、前も横も後ろもぎゅうぎゅうの中でのライブだったんですよ。で周りが飛び跳ねるもんだから、一緒に飛び跳ねてないといけなくって。関東の一部の電車のラッシュ車内に2時間いて、その間に飛び跳ねる感じというとご理解いただけるでしょうか(笑)
 でも、体力ないのはその通りです。ジムに通うことも考えていますが、今はその時期ではないので。ギターの練習がある程度落ち着いたら、積極的に考えたいと思います。
 ありがとうございます(笑)

こんにちは

私は生ヌーノを観たことが無く このライブは本当に行きたかったので うらやましいです

しかも4列目とは 間近でうらやましすぎです
死ぬまでに1度は見たいと思います

しかし若い女性が参加とは 意外で驚きました

ドキドキ感さん、いつもコメントありがとうございます。

ドキドキ感さんが、見られていないのは残念です。がエクストリームはしばらく活動しそうなのでまた、チャンスがありますよ。

たしか、イケベ楽器だと思うのですが、東京の3日の間、ヌーノが昼間イケベに出没したそうです。9日は渋谷店、10日はお茶の水店みたいです。ツイッターに情報でてたみたいです。夜は都内のハードロックカフェにも出没したらしいです。

一応、女性二人組はそれなりの数見ましたが、若いかどうかは。。。(笑)

dog ussoさんこんばんは。
記事、大変、勉強になりました。

「ファンク・メタル」すごいですね。
年寄りにはついていけないです(苦笑。
3度の音がわからないコードは耳がついていかないことがわかりました。
dog ussoさんに「ドミノライン」は必要ありませんね(笑。

「フュージョン・メタル」や「メタル・フュージョン」が出てこないか心配です(笑。

それと、dog ussoさんの懐の深さに脱帽です。
このジャンルの方が、私のところへ来てくださっているのが驚きです。

LIVEは精力的に行かれるんですね。
移動距離と頻度にも驚きです。
とても、うらやましいです。

「CHICK KOREA」が来たら、行くかなぁ?と自問自答しますが、
もう私は行くかどうかわかりません(笑。
あぁ、年は取りたくありません(泣。

また、いろいろ、ご紹介ください。

エクストリームは、実はあまり聞いたことがありません(^_^;)
ビデオの曲は、全然印象が違いますね。
2曲目はタイトルからして“Funk”。
しかもホーンセクション入り! 確かに他のメタル系とは違う感じです。
ヌーノさん、この短いソロだけでもかなりのテクニカルプレイヤーだと分かります。
で、やっぱり一番売れたのがバラードだと言うのは、メタル系バンドのあるあるネタですよね(笑)。

体力どうのとおっしゃってますが、私から見れば、チケットとって何度もライブに足を運ぶその行動力が素晴らしいです!

RED BARONさん、いつもコメントありがとうございます。

まあ、もともとフュージョンがいろいろなジャンルの融合ですよね。すでにメタルは内包されてるかと。スクエアなんかがいい例ではないでしょうか。最近だとチューブの春畑さんもロックではあるんですが、フュージョンでもある気がします。

懐の深さは勘違いだと思います。学生時代、軽音で先輩方はフュージョンやってました。素人の僕はマジックのカッティングで精一杯で。先輩のベーシストはマーカスミラー神様でもう日々ベンベンやるわけです。で、また厳しい先輩なんですよ。これが。

体育会系ののりで練習してたのでめちゃくちゃ怒られてました。でも、先輩たちの演奏はかっこよくって。当時の憧れを今思い出してる感じなんです。なので、いつかはチョッパーベースの曲もコピーしてみたいのでお邪魔させていただいています。いや、なによりREDBARONさんの演奏が聴いてて楽しいというのがあります。(また、ハードルあげちゃいましたか(笑))

今回のライブも薩摩師匠のところでお会いした方々と行ったんですよ。それこそ去年くらいに出会った異業種の方たちです。でも共通の趣味があるとすぐに友人になれるのがすごいなと。

チックコリア来日するときは、駆けつけますんでぜひご一緒させてください(笑)

JOEさん、いつもコメントありがとうございます。

JOEさんもあまり知らなかったのですね。80年代後期のバンドですからね。もう一つMr.BIGも似たポジションな気がします。
エクストリームは単純な8ビートの曲は少ないです。ほんと16ビートが多いのでテンポは100前後の曲が多いんです。でもソロの中に32分音符とか、左手スタートの弦移動付きタッピングとか平気でいれてくるのがヌーノさんです。あと、ピッキングがすごいと言われてます。エディもちょっと極端なピッキングだし、インギーに至ってはほぼ動いていないようなピッキングしますもんね。なので一番お手本にしたいかなと。

チケットはですね。以前も書いたと思うんですが、すべてUDOの策略にはまってます。
今日もメールで「YES」来日決定という情報が来ました。10月はナイトレンジャーですよ。今週休み過ぎたので、ちょっと今から仕事がハードです(笑)

JOEさん、追記です。

確かにバラードがヒットするメタルバンドは多いですね。
ジャーニーもなんだかんだ言ってオープンアームスかフーズクライングナウのほうがヒットしてそうですし。でもセパレイトウェイズが一番ですかね。MR.BIGはTO BE WITH YOUだし、聖飢魔Ⅱにいたっては「白い奇蹟」だったりします。

どなたか、他にもあればご紹介ください。

私もMore Than Wordsなら知ってるー!でもその他の曲は…?
と思うのがエクストリームです
4列目なら、リアルにその人を感じられますねー!
で、ためになるわーと記事と皆様のコメント拝見してていて
「Mr.BIGも似たポジション」と書いておられて、なるほどー!と思いました
Mr.BIGにTo be with youという曲があり似ている気がします。
当時、リアルのこの2バンドを聴いていない私はごっちゃになってしまいます(#^.^#)
あ、でもTo be with youは私、むちゃくちゃですが、弾いたことあるんですよ。
いつかまた弾きたいものです♪

スタンディングはキツイですよね〜^ ^
数年前のCHARのライブで、
待ち時間含めて4時間立ってた時は、
最後早く終わってくれーって思ってました^^;
エレアコよく買わずに我慢できましたね。
モアザンワーズ生で見た後なら、
思わず買っちゃいそうですけど^ ^

MIKIさん、いつもコメントありがとうございます。

たしかに、リアルじゃないとごっちゃになってしまいそうなバンド2つですね。
どっちもアコギバラードがヒットしましたし。
to be with you昔弾かれたことがあるんですね。
また、今弾かれてみたらどうでしょうか?
たぶん、むちゃくちゃ上手くなってそうな気がしますよ。

でもMIKIさんもいろいろ練習されてて、もう時間一杯そうですもんね。
もう時間のやりくりが一番大変です。(ライブに行くのも含めて)

みにみにさん、いつもコメントありがとうございます。

あ、待ち時間考えると大阪3時間立ちっぱなしでした。
薩摩サロンメンバー3人で見にいってました。最初は3人並んでたんですが、人の波に
押されて押されて、最後はみんな途方もなく離れた場所になっていたという。。
ライブ終わって、3人でご飯に行きました。ビール飲みながら、ライブの反省会です。
みんなファンなのでいろいろ話が出て面白いんですよ。
みにみにさんもまずはサロンにぜひ。みにみにさんの理想とするギターライフが広がると思いますよ。
でも、機会が会えば名古屋に遠征します。エイジアは一つのチャンスだったんですが。
11月に「yes」が来るみたいですよ。

衝動買いは最近思いとどまれるようになりました。ちょっとだけ成長しました(笑)

こんにちは!
どちらも行かれたんですね! しかもかなり前列だったと言う事ですが羨ましいです(^^)
ライブ…今までに数える程度しか行ったことも無く、更にはバンドのライブに恥ずかしながらも今だに行ったことも無いので、是非一度は行ってみたいですがなかなか………(ー ー;)
それにしても僕は知らない事が多いので、ussoさんは色々な事を知っておられてスゴいなぁと思います(^^)

ゼファーさん、いつもコメントありがとうございます。

前列だったのは純粋に「運」ですね。ヤフオクを使えば、運に関係なく「最前列」も手に入る場合があります。そのかわりお金かかりますね。
ライブ、行くと刺激になりますよ。今年はすでに4回、去年は6回行きました。関西はどのアーティストも来てくれるのでライブ行きやすい環境です。これが福岡とか広島だと来てくれるアーティストが限られてたりします。
 ゼファーさん、なにを知らないことが多いんでしょうか?アーティストとか曲とかだったら、楽しみが待ってていいですね。はまってしまうアーティストはまだまだいますね。

エクストリームは知りませんでしたが、この最初のビデオだとばっちりコブクロで、満員電車のジャンプよりはやっぱり座ってゆっくり聞きたいですね。それにしてもライブはいいですよね。オールスタンディングお疲れ様でした〜

Sayoさん、いつもコメントありがとうございます。

やっぱり今のアーティストでいうとコブクロ的ですよね。でもこの曲だけが異質なんです。基本ファンクメタルなんで。座ってゆっくり聞くというよりは、リズムに合わせてヘッドバンギング(爆)

これも日本の特徴かもしれませんが、前回ツアーのときのTシャツ着てきてる人が多い。多い。(笑)みんなほんとに熱烈なファンなんだなと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1908620/56485192

この記事へのトラックバック一覧です: EXTREME 6月9日渋谷公会堂&6月12日なんばハッチ:

« 「she's the woman」 van halen cover | トップページ | 物欲 妄想 »