フォト

読んでいるブログ

カテゴリー

« 「wings」 春畑道哉 cover | トップページ | 薩摩サロンとニューギア »

2014年7月10日 (木)

RED DRAGON CARTEL 7月7日 梅田クワトロ

またまた、ライブに行ってきました。

JAKE E LEE率いるRED DRAGON CARTELです。

今回もオールスタンディングでした。

オールスタンディングの場合、入場順に自分の好きなところで見られるというメリットがあります。今回はボーカルの真ん前、3列目でした。なんせ入場番号100番くらいだったので。

薩摩サロンメンバーさんをお誘いして4人で行ったのですが、入場待ちの間に薩摩サロンメンバーの顔見知りの方と遭遇。大阪というローカルで同じ趣味を持ってれば出会いますよね。

10514310_10204050971425631_85715650

こんな感じです。これ実際の大阪のライブです。

梅田クワトロも初体験でした。昔映画館だったところがライブハウスになってました。

オジーから2曲、このバンドのアルバムから2曲、残りはバッドランズ時代の曲だったと思います。

時間は1時間20分。短いでしょう。チケット代は、国内アーティストよりも高い7500円+入場時の500円ドリンク代。時間が短いのと、観客の年齢層がほぼ同じくらいだったので今回は全然疲れませんでした。

ラストはオジー時代の代表曲バークアトザムーン。歌の終わりに観客が「わおーん」と吠えるのがお約束みたいです。

ジェイクさんは自身のシグネイチャーモデルを弾いてました。ソロイストタイプなんですが、ブリッジがアーム無という、もちろん弦のロックもついてないタイプです。なのでアームダウンのところは、ネックベンド。ハーモニックスの音程を変えるときはヘッドの弦を押えるというテクニカルプレイをしてました。もう、ネックベンドは1曲で5回から6回するくらい多用してました。途中、なぜか5弦が切れてそれでも弾き続けてました。もう、そばで見ててあのギターかっこいいなーと思ってたのは当然です。

去年、ジェイクとウオーレンが来たときバンドで来てほしいと思ってました。実際来てくれてとても良いライブでした。でも、噂によるともうこのバンドは解散の予定もあるとか。

ジェイクはオジーのギタリストの中では在籍期間短かったと思います。が、在籍時に作った2枚のアルバムはとてもメロディアスでテクニカルで半端ない輝きがあったと思います。

バンドは解散してもシーンでは活躍し続けてほしいです。

« 「wings」 春畑道哉 cover | トップページ | 薩摩サロンとニューギア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ジェイクさんLIVE、盛り上がりましたか!
写真を見ても、客層が濃いですね~(笑)。ほぼ年齢高めの男性ばかり。
しかしジェイク・E・リーが好きという方は、かなりコアなロックファンだと思うのですが、そんなコアな方々がウッソさんの周りにたくさんいらっしゃるのがスゴいです(笑)。

シャーベルのジェイクモデルがコレクションに加わる日も近い!?

ウッソ様
おはよう御座います。

いい席で羨ましいです。一度でいいのでボーカルのツバが飛んで
くるような席で観てみたものです。
小さいクラブではその様な体験がありますが大したアーチストでは
なかったのでツバは汚いだけでした。(笑)

愛新覚羅

JOEさん、いつもコメントありがとうございます。

写真は大きくできないですよね。僕も写ってるはずなんですが、ヴォーカルで見えない気がします。同世代の男性が多いですが、2割くらいは同世代の女性も多いです。ジェイク様と呼んでる人もいました。

大阪府は880万人なんですよ。大阪市だと260万人くらいなんですが。兵庫、京都、奈良、滋賀も含めるとやはり一大都市圏だなと思います。で、薩摩先生がいればコアな人も集まってしまいますね。10本以上ギター持ってるのは普通珍しいはずなんですが、僕の周りは平均的みたいです。なかにはフライングVだけで10本くらい持ってる人もいたりします。とても幸せな環境ですね。

シャーベルのジェイクモデル、ペグがピンクなんですよ。それがまたお洒落で。でも高過ぎます。30万オーバーですからね。といいつつフランケンのストライプがヤフオクででてたので入札しときました。これは手に入りそうな予感。フランケンが来たらピックアップを載せ替えようと妄想してます。H&Kも2回入札したんですが、別の方に落札されてます。。。。

aishinさん、いつもコメントありがとうございます。

今回もオールスタンディングでしたよ。でも、周りのスペースがそれなりにあったので、そこまでは疲れませんでした。エクストリームは絶対変だったと思います。

ツバはさすがにかかりたくないかな(笑)。昔聖飢魔Ⅱのミサ(ライブのことをこういいます)で、デーモンが水を口に含んで前のほうに霧吹いてました。デーモンは油みたいなのも霧吹いて、口から火もはいてたような記憶があります(笑)

上手い人の演奏をそばで見聞き出来るととても刺激になりますね。

うをっ

先月のNUNOに続き JAKEまで生で観るなんてうらやましー
しかし7500円はちょっと高いですね

このバンドのアルバム評判良いのに 2曲だけとは意外です

ネックベンドは分りますが チューニング狂わないのが不思議ですね

そして5弦が切れるなんて 意味が分かりませんが
それがJAKE FAKEなのでしょう!

ドキドキ感さん、いつもコメントありがとうございます。

今年は、クラプトン、ルカサー、ヌーノ、ジェイクとみてきてます。後半はポールギルバートも予定されています。大阪は東京と同じくらいいろいろ来てくれるのでやっぱり便利なところだと思います。

このアルバム確かにいいですよね。ジェイクさんの魅力はギターテクニック+楽曲の魅力も大きい気がします。

チューニングはめっちゃ狂ってました(笑)曲と曲の間はいつもチューニングしてた気がします。

5弦は確かに珍しいですよね。僕なんてめちゃくちゃピッキングが弱いので弦切ったことないんですよ。でも一緒に行かれてたバンド活動積極的にしておられる方は5弦は切れることがあるといわれてました。よく使うからでしょうか?

カッコ良かったですか?
7500円のドリンク代…
あの状況で飲めるんですかね?
本物見たり、薩摩さんみたいに上手な方を生で見てると
経験上、上手くなるような気がします。
良い刺激ですよね。

rimixさん、いつもコメントありがとうございます。

ジェイクさん、かっこよかったですよ。去年クリニックで来日したときはべろんべろんに酔ってたという噂もありましたが、今回はきれっきれでした。ステージに階段があれば伝説のアクションも見れたかもとみんな言ってました。

ドリンク代は、ライブハウスの収入になるみたいです。ペットボトルの水をもらってライブに突入か、帰りがけにビールをもらって帰るかの2択だった気がします。ビールっていっても紙コップ1杯分なんですよ。。。。。そのあと6人で焼肉にいってたらふく飲みましたが。。

今、6連のフルピッキングフレーズ練習してるんですが、テンポ100くらいからどうしてもスピードが上げられません。左手だけのハマプリでテンポ110くらい、ピッキングを加えると110までは無理なんですよ。もう2から3か月このテンポで行き詰ってます。でも、薩摩師匠の演奏を聴いたり、プロの演奏を見たりするとモチベーションが落ちないので続けれてます。今週日曜日また薩摩師匠のところで集まりがあるので楽しみにしてます。

前から3列目!
スタンディングはこれがあるからいいですね^ ^
1時間20分は確かに短いですが、
年齢的にはちょうどいいかも^^;
ussoさんまだまだギター増えそうですね。
僕もフランケンは欲しいですけど^ ^

みにみにさん、いつもコメントありがとうございます。

比較的、入場順が今回も速かったので前のほうでみれました。が、エクストリームのときもそうだったんですが、ギター側だけは10列くらいすでに人がいるんですよ。仕方なくセンターの前に行っただけです。とても不規則に並んでいくのもスタンディングの特徴ですね(笑)

ジェイクモデルは高過ぎです。実は今、ヤフオクでフランケン入札してます(笑)。万が一落札できたら、ピックアップをダンカンのカスタムショップの78に載せ替えようと妄想してます。ダンカンの78の動画面白いですよ。弾く曲がすべてヴァンヘイレン。しかもギターは全然別なのに音は初期のエディに「クリソツ」です。ぜひ見てみてください。

ライブはやっぱりいいですね〜。いい刺激になりそうです。
5弦が切れるって、、、ライブ前に弦の張替えとかしないのでしょうかね?(^^)?
張り替えても切れてしまうくらい激しとか。
今後の予定の中でもクラプトンは特に羨ましいですねー。ライブ報告楽しみにしてます。

Sayoさん、いつもコメントありがとうございます。

5弦が切れるって確かに普通はどうなんでしょうね?2本同じギターがあってチューニングがあまりにずれてくると曲間に持ち替えてました。ローディの兄ちゃんがチューナーで音をあわせているところを頻繁に見ました。

 誤解させてしまってごめんなさい。クラプトンは2月にすでに終わってます。ライブ報告してなかったです。御年69歳で今回が最後のツアーかもといわれて見に行ってきました。今年のライブの中では一番集客人数多かったのでは?でも観客も一番高齢にシフトしてた気がします。なのでライブ中、ずっと座ってました。立ってのりのりだったのはセンターの前のほうだけでした。映画を見ているようなライブといえばいいでしょうか?

 ヌーヨークもライブは多そうですね。

スーパーギタリストのプレイを間近に見れる…って興奮しそうですねー!
ネックのベンドの実演見たことありません。
力いりそう…?
たまにギターがボキッといくってことないんでしょうか…

MIKIさん、いつもコメントありがとうございます。

今回のライブはジェイクが出てきたときに会場が沸騰しましたよ。途中で会場から出た声も「we love jake」でしたから。

ネックベンドは力いりそうです。たまにぼきっといくことあると思います。なのでするにしてもそういうギターを選ばれたほうがいいと思います。

MIKIさんともいつかどこかでお会いしそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1908620/56751682

この記事へのトラックバック一覧です: RED DRAGON CARTEL 7月7日 梅田クワトロ:

« 「wings」 春畑道哉 cover | トップページ | 薩摩サロンとニューギア »