フォト

読んでいるブログ

カテゴリー

カテゴリー「練習方法」の5件の記事

2014年5月23日 (金)

コピーする曲の選択

いつも悩むことがあります。

「どの曲をコピーしようか」ということです。正確には「どの曲ならコピーできるか」なんでしょうけど。ギターが上達するにつれてもちろん選択枝は増えていきますよね。でもイングヴェイマルムスティーンとかポールギルバートとかは限られた人だけが到達できる範囲な気がします。

要練習な場所はだいたい符割が細かい(♪がたくさん詰め込まれている)、もしくはポジションチェンジが激しい、場合によっては音が出ない。。。なんてところが多いわけです。

1秒間にそもそも人間は何回ピッキングできるのでしょうか?

「nps」という単位?があるみたいです。

10npsだと1秒間に10回ピッキングできること。

16npsだと1秒間に16回ピッキングできることです。

1秒間に10回ピッキングできるということはテンポ100で6連符のスピードになります。

(16分音符だとテンポ150相当)

1秒間に16回ピッキングできるということはテンポ160で6連符のスピードになります。

(16分音符だとテンポ240相当!!)

だいたい、HR/HMの相場はテンポ130から140の範囲で6連符が弾けるくらいです。

この6連符が1小節か4小節ぎっしりかでも難易度は違ってくるんですけどね。

もちろん、全部フルピッキングで弾かずにハマプリ入りのフレーズも多くなってますけどね。

まあ、一番好きな曲、アーティストをコピーするのがいいんでしょうけどね。

でも1秒間に10回もピッキングできるって人間の力はある意味神秘ですね。

2013年12月 8日 (日)

ポジションチェンジ無しの下降フレーズ




Photo_3


今、上のフレーズ練習してます。

こういう、1弦から5弦に下りていくフレーズ多いですよね。

しかも、ソロの山場を形成してたりします。

これは、まだハマプリだけで、チョーキングがはいってないので取り組みやすいです。

セパレイトウェイズも速弾きのところはこんな感じですが、チョーキングがらみ。

エディはこれに1フレットくらいポジションチェンジが加わるのとスライドも入れてきます。

譜面の曲はMr.crowleyです。今、練習してますが、テンポ落として弾いても通して弾くと毎回感動が得られます。オジーの後任のギタリスト、ジェイクもザックもこの通り弾いていたという名ソロです。(正確にはギターソロの一番最後のところはアレンジされますが。)

この曲はなんとかものに出来そうなので動画はもう少しお待ちください。

2013年9月30日 (月)

スクラップブック

Dsc_0477

今年の1月から使用しているスクラップブックです。

去年は、何冊も楽譜を持ち歩いてましたが、これにまとめて楽になりました。

練習しているフレーズ数えなおしたら38でした。

だから、最近1回りするのにめちゃくちゃ時間がかかってます。休みの日でも終わらないですもん。さらに、このスクラップブックには貼ってない、カッティングフレーズも別にしてたりするので曲の練習なんかできません。フレーズによっては目をつぶっても弾けるくらい繰り返してるので、楽譜なんていらないんですが、どのフレーズまで終了したか確認のための紙媒体です。

地獄のメカニカルトレーニングは一つのテーマにつき、松、竹、梅、本番の4種類フレーズがあるので似たフレーズが多いです。

で目標まで弾けるようになったところにはハンコを押してます。


2013年9月29日 (日)

地獄のメカニカルトレーニング

S3982335

表紙が怖い本ですが、とてもいい本だと思います。

現在練習中のフレーズはこの本が6割くらいを占めます。

最初からはしてません。

まず、1本弦上のピッキングのスピードアップからはじめました。

次に弦移動の多いペンタ系マシンガンピッキングフレーズに進んでます。クロマティックもやってはいますが、メニューに加えたのはかなり後です。さらにライトハンド、2本弦エコノミー、3本弦、5本弦のスウィープまで練習してます。

この本のフレーズはシンプルなものが多いので覚えやすいのが特徴です。ただ、ただ、目標テンポが速すぎるうう。だいたい16で180、6連で120くらいが多いです。とにかく時間をかけて反復練習するしかないです。

07220481

この本も練習してます。

この本のほうが運指は複雑です。でも目標テンポが100とか120なので早く練習できます。

このシリーズの欠点といえば、カッティングの練習はほとんどありません。

あと、これが弾けるからといって目標とする曲が弾けるわけでもありませんが、近づくことはできそうです。

自分の練習方法

ギターを弾かれてるかたは、ほかの人がどんな練習方法をしてるか気になりませんか?

僕はかなり気になったので、多くの方のブログを見てます。

しかし、練習方法を公開してくれてるブログは少ないです。

Korgpandoraminiwhitefreedelivery151
僕はこれで練習してます。

RHYTHMボタンを押すと、リズムマシーンがなってくれます。

8ビート、16ビート、シャッフルを使います。

で最低♩40から鳴らせます。

地獄のメカニカルトレーニングもほとんど40から練習開始しました。

でミスなく弾けたらテンポを3だけあげます。これを繰り返します。

5あげると、力みやすくなりました。

1とか2だと続きません。

テンポ70まで上げるのに最低10回は弾くわけです。

ミスを多発するテンポになったら、その日はそのフレーズは終了です。

別のフレーズの練習に移ります。

フレーズに関しては地獄のメカニカルトレーニングをコピーして練習するところだけスクラップブックに貼っています。今練習中のフレーズは25くらいあります。一つのフレーズにこだわってずっと練習しない理由は飽きるからです。たくさんのフレーズを同時に練習してると別の関係ないフレーズの弾き方が他のフレーズを補完してくれるような気がします。

この方法だと、1日で25もフレーズは練習できません。2日でやっと一回り出来るくらいの量です。休みの日は起きたらずっと弾いて、夜にやっとノルマ終了な感じです。

で、壁にも簡単にぶち当たります。もう、目をつぶっても弾けるくらい繰り返したのに、あるテンポ以上には弾けないときが来ます。自分の場合は現在、6連符だと100くらいが限界です。16で150くらい。この状態が2か月から3か月くらい続いてる気がします。でもです。1月くらいは16で120の壁が超えられませんでした。6連符だと60か70くらいでした。いつの間にかできるようになります。たくさんのフレーズを練習してると、ある日、そのうちの一つだけより早いスピードでできるようになるので成長の実感がしやすい気がします。

曲の練習はパソコンのソフトの手助け君を使ってます。ABリピートを使ってまずは40%のスピードで練習します。できるようになったら3%上げます。70%とか80%までは結構簡単にあげられるのですが、本当の地獄は90%を超えてから。あと少しでできるのに3%上げるともうさっぱりできなくなります。もうなんかそんな曲ばっかりです。

その他のカテゴリー